口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)な方は一般的に営業職などは避ける人が多いものの、中には口下手克服の目的で敢えて営業職(向き不向きもありますが、努力次第で成績が伸ねせることもあるようです)に就いたり、社内の人事異動で強制的に営業職(人当たりが良く、コミュニケーション能力が高い人が多いものです)に回されてしまう場合もあるそうです。営業と言えば、セールストークで商品やサービスを売り込むのが仕事です。日頃から得意先の人との関係を作り上げ、トークによっても購入意欲を上げていくことで営業成績を上げます。口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)な人には、最も不得意な分野といえますね。しかし、中には口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)な人でも、営業職(人当たりが良く、コミュニケーション能力が高い人が多いものです)で成功をおさめるケースがあるでしょう。それは、真面目な性格(環境によっても変化しますが、先天的なものが大きいと考えられています)や人柄に頼る所が大変多い仕事だからです。話し上手でセールストーク(マニュアル化されていることも少なくないようです)がすらすら出てくるような人は、もちろん、売り上げを伸ばす事が多いのですが、実際には相手がセールスマンを信用しなければ購入や契約には辿り着きありません。セールストーク(ただよどみなく話すだけでなく、相手の反応をみたり、質問したりといったことも必要になるものです)がうまくて始めのうちは購入したけれど、あとでよく考慮して見ると、乗せられただけっぽい気がして解約したいなんて経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)をした人もいるのではないのでしょうか?でも、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)な人は、それだけ、生涯懸命説明したり、親身になって希望を聞いてくれたりしますから、人間性を信用してくれれば、その後も関係は長く続くのです。そういう意味では、口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)な方が生涯懸命説明するその姿は好感に繋がることも多く、案外、営業職(営業マンやセールスマンと呼ぶことも多いですね)で成功することもあるらしいです。ただ、性格(環境によっても変化しますが、先天的なものが大きいと考えられています)によっては耐えがたいストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)にもなるため、ご自身の性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) を見極めた上で挑戦すると良いかもしれません。営業で成功をおさめる事により、口下手(対義語は口上手というそうです)が解消するというケースもありますよー